院内設備

リハビリテーション室

フロア案内

 

 当リハビリ室は111㎡の広さを有し、各種リハビリ用具、物理療法機器を取り揃え、理学療法士3名、物療スタッフ6名体制で行っております。

 度重なる医療改定に伴い、多くの患者さんが入院期間を短縮され、十分なリハビリを行えないまま退院するというケースが少なくありません。そんな状況の中、私たちのような地域病院が退院後のリハビリを担当し、患者さんをできるだけ満足のいく元の状態に回復させる役割を担っていると考えています。

 当院では治療の主体が保存療法であるため、特に治療後のリハビリテーションが重要となってきます。その中で一番大切なのは怪我の再発予防という点です。そのため、日常生活指導なども積極的に行っています。

 また、当院の特徴として肩関節疾患が多く、五十肩等にも積極的にリハビリを行っており、痛みなく発症前の状態に戻ることができています。